LINK

外国為替証拠金取引(FX)で投資する良いところは、単独の商品であるにもかかわらず投資期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」という3つの中からいずれを選択するかによって出資の仕方がまったく異なってくるところにあると言われます。ピューレパール

最初に外貨投資する「長期スタンス」について考えましょう。健康状態がわかる仙台の包茎クリニック

長期のスタンスというものは、一年以上の出資を原則としているものです。ケノン

普通は為替相場においては、一年以上経った後の為替レートが円高なのか、あるいは円安になっているかを連想するなんてことは、一般的に無謀に近いです。ETC おすすめ

普通の人は「それほど後の動向は予想できない」と思うのが実際のところかと思います。ソフトバンク iphone6s予約

考えられないものを頭を悩ませて予言しようとしても、そんなことは意味のないものなのです。スルスル酵素口コミ

そんなわけで外貨を買って、買ったタイミングの価値よりも円高だとしてもその差損分は近い将来円安になるはずだというイメージで挑むことが大切です。

為替の差益を何が何でも追いかけるのではなく、別の収益スワップ金利を稼ぐというのを、一番最初のターゲットということにして投資しましょう。

言うまでもなく短期間で為替変動のマイナスがかなりなってしまうことがあります。

そのためこういうケースのような為替差損が大きくてもさほど困らないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少なめに売り買いすることが必要です。

外国為替証拠金取引は、損失が決まった金額以上に広がってしまうと、追い証を払わなければならなくなったり、あるいはストップロスを置くことになります。

損切りになってしまったら、直ちに売買を清算せざるを得なくなり長期投資はダメになります。

こういったリスクを抑えるにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2、3倍に設定して売買する方が良いでしょう。

第二に中期の投資のケースの取引を考えてみましょう。

中期の投資の場合は2ヶ月程度経った頃を考慮してのトレードになります。

為替取引においては、約1ヶ月ほど先のことはおおかた予想可能と考えられます。

先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)等の国際的な閣議の議題や為替の市場で売買している人たちがいかなるテーマに着目しているかを考えてみればそれなりに見当がつくでしょう。

こんなファンダメンタルズを見る一方、チャートを参考にすることによって、為替のレベルを把握する事ができ買いポジションか売りポジションかを見定めるべきです。

基本的にファンダメンタルズとテクニカルのどちらも良い方向であり、あるいは買い傾向が同様の時は、ほとんどの場合その方向に変動すると考えて良いです。

そうしたら持ち高を増やすことによってより多くの利益を得られるのはほぼ間違いないでしょう。

最後に短期スタンスのポイント。

ここでいう短期トレードとは言わばデイトレードを示しています。

為替相場でデイトレーディングをする場合は、経済の状況は全然関わりがないと思います。

というのも翌日の為替のレートの変動に、経済の状況は反映されないからです。

ここで最大の狙いどころは大きな行事がある際それによって為替レートが大幅に変動する一瞬を逃さないよう取引することです。

たとえばアメリカで雇用情勢が公表されるもしくは金利政策などで金利が動くといった出来事。

こうした一瞬の変移を見逃してはいけないといった理由から、短期スタンスでは技術的なものが求められる。