LINK
自己破産申請まで訴訟の提起などの手続きは認められています。さらに破産申請の書類手続きに入ってから請求までに余計な時間が費やされてしまったケースでは債権者から提訴される確率が上昇します。債権保持人サイドにとっては負債の返金もされないままなおかつ破産などの法律上の作業もなされないといった状況であると企業の中で完結処理をすることができないからです。言ってしまえば訴訟によりどういうふうな判決がもたらされようが破産手続きの本人に借りた額を払う資産はないわけです。取立人もそのことは熟知しており、裁判のような示威行為で、都合のいいように和解にし完済させるとか負債者の肉親や一族に返済してもらうことを目的にしている状況もありえます。(補注)平成17年の1月1日改正の新破産法においては破産手続きの後は差し押さえといった法律上の手続きについては効果がなくなることになりました。従前の破産法の場合とは別となり訴訟の提起などということをしても無駄になる確率が高いとして実際に訴訟行為をしてくる取り立て会社は完全になくなると予想します。そのような文脈でも2005年の1月1日に改正されて自己破産は過去よりも用いやすくなったと考えられます。支払いの督促による場合、支払督促と呼ばれているのは、司法が債務人にあてて残額の返金をすべしという督促です。一般の裁判をする際とは異なって、債権者の独善的な意見を聞きながら行うため通常の審理のように日にちと裁判料金がかかりすぎないのでよくとる法的な手法です。支払いの督促の要求があった場合、裁判所による書類が届くこととなり、送付されてから2週間が経つと取立人は借金者の財(給与債権などを含めて)に対して差押え行為が実行できるようになります。支払督促に向かって異議申請を作ることが可能ならば普通な裁判に移っていくことになるのが普通です。(補)通常の訴訟は長期にわたりがちですから、免責までには判定が出ない確率が高くなります。