LINK
クレジットの使わなく思える!このような考えに至ったらクレカの使用不可能化(しようふかのうか)をしてしまいましょう。解説はする必要がないと思われますが、カードの契約解除とは読者の皆さんが保有しているクレジットを再び店舗などで会計出来ない形にしてしまうことを言います。こちらの項目の中でクレジットの使用を取りやめる仕方から使用の中止に関する留意点などを明快に整理して参ります。この解説を読んでもらえたならば無効化上の心配をスパッとぬぐいさってくれるに違いないと思っています。手短に言うとするならば、クレジットを契約解除することは意外に手間がかかりません。「クレジットにいっぺん加入手続きをしたら、すぐに使用を中止するのは時間がかかるのではあるまいか」。」といったことや「クレジット会社の契約解除の手続きが手間?」という風に思われる人も多いなどという噂だと聞くが実のところクレジットの裏面に表示されているカスタマーセンターに電話をし、クレジットカード退会の意志を確認するということだけで楽に解約ができます(約3分ほどの手続きで出来てしまいます)。クレジットカードを利用開始する段階では面倒だったけれども使用中止の手順はまさか一度の電話だけ?という具合に呆気にとられて固まってしまうに違いありません。絶対に無効化の仕方は楽におしまいに出来るのでしょうか?もちろんである。クレジットの解約やり取りは稀な例外を入れなければ退会のために取り寄せなければいけない紙もいらない上にダラダラと引き止められるような事態も起こりません。まさにたった「御社の▼▼カードのサービスを解約したいと思い、ご連絡さし上げたのですが!」といったように会社の係の人に口頭で意向を言うようにすれば良い。実際、当の私自身も25枚を上回る解約するために申請を行ってきたのですが、ただの一回も使用中止で問題が起こったようなケースはほぼ心配ありませんのでその懸念については不安に思わないで欲しい。知り合いより教えてもらった情報では使用中止を依頼してみたらそのわけは何であるかを尋ねられたというという事例があったという話を聞きましたが決して大仰なものではなく参考意見の調査に類する聞かれ方だったようで、引き止められる事態もまずないと考えられます。都合を質問されたという場合でも気を遣わずに『必要なくなったと思ったから』であるとか『他社のクレジットカードのホームページを見たらその方がお得だから』などと伝えれば問題ありません