LINK
クレジットカードを店舗等で使用する場合、何度も体験があるのではないかと思うのだが、店頭の人が理解していないことでどの明細を利用者の方へ提示するのか迷うことがある。カードを使うと機械から3組綴りの明細レシートというものが印刷されるからでしてそれらのどの1枚をカード利用者に対して渡してよいものかどうかわかりにくいというものだ。複数の明細の説明)上述の複数の明細の意味とはどういうものかについては、下のようになります。1利用者に保管してもらう明細レシート。2お店の控え明細レシート。3カード会社控え用の利用レシート(サインするレシート)。本来であれば当然カード利用者へ渡さなければいけない利用レシートを受け取るのが正しいのですがごくたまに別の明細レシートを利用者に対して誤って渡すことや、署名した方の使用レシートを渡すようななどという事故さえも存在します。特に時間給スタッフであるとかクレジットカードが利用されることの少ない店舗などでクレカを使おうとすると従業員の迷いというものが見られると思います。(笑)。万が一店舗従業員が違う方の明細というものを渡してきた場面では怒りを抑えて「違いますよ」と直してあげてほしいものです。