LINK
外為取引初心者の方が為替の勘所を押さえるには第一に実戦を積んでいく事が必要です。前もってリスクを避けれるようになるには、失敗を重ねる事も大事です。マイナスになるといっても、元に戻せないほど決定的な過ちをする事は話になりません。取り戻せるぐらいの失敗を何回か体験することが最後に自身の経験値を高めてくれるはずです。この考えでは最初は小さな額でエントリーして、そこで数度ちょっとしたミスをすることが大切です。たとえば、100万円だけしか投資できない場合、100万円を全部つぎ込んでエントリーすると、失敗した時今後再起できなくなってしまう怖さがあります。それよりも、たとえば10分の1ずつ分けてトレードを行ない、これで取引を体験した方が、段々と負けを回避する方策なども覚えるはずです。まず少額で取引する事の良い点は既出の通り、経験値を高め、ミスを避ける技術を身につけることにあるが一緒に、取引の回数を増やして危険を小さくできるというメリットもある。仮定として、1度の取引で勝てる確率が50%だと考えます。同じく5割の確率でマイナスになる危険性もあるということになる。勝率5割ということは。五分五分の割合でプラスになる事を意味している。だが、全ての投資資金を使って1度のみのエントリーをするということは100%の勝ちか、100%の負けかのいずれかになってしまう。そのままでは賭博と同じです。要するに、全てを投入して1度しかエントリーしないとこれだけでは損が生じる率が大きくなります。これを回避するために、投資資金を1回に全部使うのではなく、少額ずつ分けて投資回数を多くすることがリスク管理となります。ただし数回に分けたとしても全てのトレードで儲ける事は必須ではありません。はっきり言うと、勝つことが出来ないのが実情です。投資で必要なのは勝率ではなく、どのくらい利益を出すかです。勝率が同じでも、また勝率が低くても儲ける事は出来ます。5割以上負けてもその損益がわずかならば、わずかな勝利のプラスの大きさだけで相当利益を上げられます。そのために必要な事は、損を少なくして、儲けを大きくして覚えておく事です。損失が出たら素早く損失を確定して勝った場面では上手く稼ぐ事が、FX取引初めての方が為替で成功する神髄です。