LINK
自動車に乗る人は知っていると思いますが、自動車税なるものが徴収されます。それでこの税金は、手放す愛車の買い取り時に一般に戻ってくる税金なのです。このことはちょっと実行してみたら頭に入ってくると思いますがこれから一つずつ順に説明したいと思いますあえて記載するとすれば、国内で生産されたクルマに限らず外車等も税が還付されることになってきます。もちろん自動車などもそうです。自動車税という税金は車のオーナーが支払い義務を負う税ですが、この金額は車の排気量毎に規定されています。1リッター以下のであれば29500円となり1リッターより上で1.5リッターまでだと34500円になります。これ以上は500ccごとに5000円ずつ増えます。そしてこの金額は4月1日時点の所有者が今年度のお金を支払う定めとなっています。ということは先払いということですからもちろんクルマを売却して、所有権がなくなった場合では前払いした分の税額は還付されるというわけです。この自動車税は前払いで以後一年分のお金を支払いますから年度内に車を売却した場合には新たな所有者が税金を負担するということです。売却相手が専門店の場合は売却時に前払いしている分の税額を返還してくれます。要は、所有者でなくなった日以後の税は、権利が移った保有者が払わなければなりません。もしもあなたが10月中に愛車を手放したケースでは、11月から翌年3月までの税金は還ってくるのです。というのは前も述べた通り自動車税というのは一年分を前払いしているという事実からもわかります。要は前所有者は買取先に払いすぎた税金を返還してもらうということです。個人的にクルマを引き取ってもらう際に、何気にこのような重要なことに気づかない方が見受けられるので、ぜひ忘れないようにしてください。自動車税がクルマを売った際に返金されるという事実を意外と知っている人がいない事を利用してそれを悪用している業者もあるのです。こちら側から返金について言わなければ全く自動車税のことに触れないというケースもしばしば見られます。ですから愛車の売却をする場合は払いすぎたお金が戻ってくるか否かの確認をおろそかにしないようにしましょう。